title

まつ毛育毛剤ケアプロストの通販

ケアプロストとは

ケアプロストは、アメリカのFDA(米国食品医薬局)が正式に「まつげの成長を促して、長く濃くする効果がある」と認可しているまつげ育毛用美容液です。

使用方法もとても簡単で、一日に一度、まつげ周辺にすーっとひと塗りするだけという手軽なものになっています。

日本でも厚生労働省から医薬品として認可されているためドラッグストアなどで見掛けることはありませんが、たしかな効果とすばやい効き目から、ファッション感度の高い女性の間では大変人気のまつげ美容液です。

口コミによってその凄さがまたたく間に広まりました。

まつげの長さだけではなく、密度、つまり濃さへの変化も期待できるケアプロスト。

まつげは目元の華やかさを演出し、顔全体のメリハリを付けてくれる重要なポイントです。ケアプロストでまつげを伸ばして濃くすれば、顔の印象もガラリと変わることは間違いありません。

ただ一日にひと塗りしておくだけで毎日の面倒なマスカラや、月に一、二度のアイラッシュサロン通いもしなくてよくなるのです。

個人輸入すれば一本あたり2000円以内で購入することができ、一本あたり約一ヶ月は余裕を持って使えるためコストパフォーマンスも抜群!

非常に安価にまつげ育毛が可能になっています。

ルミガンのジェネリック

ケアプロストはジェネリック医薬品で、もとは「ルミガン」という医療用点眼薬です。 ジェネリック医薬品は別名を後発医薬品とも言うように、もととなる先発医薬品と同等の成分を含んでいる医薬品のことです。

ルミガンもまつげ育毛用美容液としての効果が報告されており、成分の特許期間が満了されたためにジェネリック医薬品の開発が許されているのです。

ルミガンとケアプロストが同じ程度の効果効能があるかどうかという点、そして本当に身体に安全な成分なのかという点については、販売前に何度も繰り返して様々な試験がおこなわれています。

そしてようやく厚生労働省の認可を得てから、製造・販売できるようになるという非常に安全性の高い医薬品です。

ルミガンは元々医療用点眼薬として開発されたためにまつげ周辺への塗布用アプリケーターは付いていませんが、ケアプロストはまつげ育毛用美容液として販売されたために塗布用アプリケーターが付いているという点がなによりも違うところでしょう。

ケアプロストの通販

ケアプロストは美容に関心の高い女性たちに人気の、まつげ育毛用美容液です。

世界中でもその効果の高さからたくさんの愛用者がいるのですが、日本ではドラッグストアなどには販売されていません。それは日本の通販サイトでも同様です。

そしておそらく、これからも日本国内で“市販”されることはないでしょう。

何故でしょうか?

それは、ケアプロストは「医療用医薬品」として認可されているまつげ美容液だからです。

医療用医薬品として認可されているのは日本国内だけの話ではなく、アメリカなど海外においても同様です。

それだけ、ケアプロストの育毛剤としての効果がとても高いということ。まつげは顔の印象を大きく左右するものなので、女性であれば是非使用したいと思う方が多いでしょう。

しかし日本国内で医薬品の認可を受けているものを購入するためには、かならず医師の診断を受けた上で処方箋をもらわなければなりません。

これだと、手に入れること自体とてもハードルが高いです。

そこでご紹介したいのが、“海外からの個人輸入”という方法です。

インターネット上で通販のように手軽に購入できるため、非常に便利なんです。

もちろん、この方法であれば合法的に医薬品であるケアプロストを購入することが可能です。

個人輸入

日本国内にいながら、医師の処方箋なくケアプロストを購入する方法は今のところ「個人輸入」しかありません。医薬品の認可を受けているものを個人輸入するとなると、危ないもののように感じてしまう方もいるでしょう。

しかしご安心ください。

個人輸入という方法であれば、海外から医薬品を購入することが許されているのです。

個人輸入するにあたっても専門の代行サービスをおこなっているサイトがいくつもあるため、英語などの外国語がわからない方でも簡単に購入することができます。

まずは日本の個人輸入代行サイトを検索してみましょう。

いくつもある代行サイトの中から、より信頼できるサイトを選んで利用してください。

どこで信頼できるかどうかを判断するのかというと、そのサイトを実際に利用した方々の「口コミ」です。

輸入することになるので通常の通販よりも商品の到着が遅かったり、箱に傷が付いていたりするのは許容範囲内ですが、口コミで対応が悪いとされるサイトは利用しないほうがいいでしょう。利用者が多く、なおかつ評価の高いサイトがおすすめです。

なお、個人輸入が大丈夫な範囲は「購入者が使用する分の医薬品」と定められています。

家族や友人への譲渡、転売などをおこなうと法律違反になるためお気をつけください。

ケアプロストは医療用医薬品

ケアプロストは医療用医薬品として認可されているように、実際に医療の現場でも使用されているまつげ育毛用美容液です。

まつげの育毛は美容と結び付けられやすいですが、じつは医療においても重要。

まつげはデリケートな眼球を保護して細かいホコリや塵などから守ってくれています。これがなくなってしまうと、結果的に目を開けられなくなったり、すぐに傷付いてしまうようになります。

そこで、薬の副作用などでまつげがなくなってしまった方や、睫毛貧毛症の方のためにケアプロストが処方されるようになりました。

ただ、ケアプロストの効果はまつげの育毛や増毛だけではありません。

なんと緑内障や高眼圧症の治療に有効なのです。ケアプロストのもととなっているルミガンは医療用点眼薬。そもそも眼圧を下げるための薬として開発された医薬品の副作用として、まつげの育毛と増毛が確認されたのがまつげ育毛用美容液としてのはじまりです。

緑内障や高眼圧症の治療中に「まつげが伸びた」という事例がいくつも報告されたことにより、育毛効果が如何にあるのかという研究がされはじめました。

その結果、ケアプロストに含まれている「ビマトプロスト」という成分にまつげの育毛と増毛の効果があることがわかりました。

市販のまつ毛育毛剤との違い

長さや濃さなどの様々な面に特化したマスカラが販売されているように、まつげエクステをおこなうアイラッシュサロンが大変な人気を集めているように、そしてまつげ美容液が市販されているように、「まつげを伸ばしたい濃くしたい」という女性がたくさんいるということは明白です。 市販のまつげ育毛剤や美容液の種類も増えてきているため、一度は使ったことがあるという女性も少なくないのではないでしょうか。 もちろん手軽に近くドラッグストアや化粧品店で購入できるものに効果があるのであれば、それを使用したほうがいいに決まっています。しかし、市販されているまつげ美容液とケアプロストでは、その効果が雲泥の差なのです。 市販されているまつげ美容液には、まつげやその周辺を保湿して保護する程度の成分しか入っていません。もちろん保湿するだけでも髪の毛などと同じようにツヤが出たり、伸びもよくなるかも知れませんが、急激に誰から見ても伸びるということはないでしょう。 一方、ケアプロストの有効成分は今あるまつげだけではなく、なんと活動していない毛包にまでアプローチしてまつげを増やす効果があります。即効性に優れているので目に見えて効果がわかるというのも良いところです。

市販のまつ毛育毛剤との違い

手軽に購入できる市販品のまつげ美容液とは違い、ケアプロストは日本国内の店頭で購入することはできません。医師の処方箋をもらっての購入となると自由診療の範疇になるため保険適用外で、高額な料金を支払うことにもなります。

しかし、個人輸入代行サイトを利用すれば通常の通販サイトと遜色なく、いつでも購入することが可能です。代行サイトはしっかりと日本語による説明文を掲載しているため、言葉の壁に悩む必要もありません。その上、安価です。 医療用医薬品であるためまつげ育毛の効果も非常に高く、繰り返しておこなわれた試験によって安全性が確保されているところも嬉しいです。

ただし個人輸入は「個人の使用する範囲」で許されているものであるため、譲渡や転売などは絶対にやめましょう。

icon