title

ケアプロストの使い方

ケアプロストの使い方

ケアプロストの使い方はとても簡単です。一日一回、目元に塗るだけ。

とくに医療用点眼薬だったルミガンと違って、ケアプロストはまつげ育毛剤美容液としての使用方法が推奨されているものであるため、まつげ周辺へ塗り込むための専用アプリケーターの開発もされています。

まつげ育毛剤美容液として使用するのであれば、専用アプリケーター付きのケアプロストを購入することをおすすめします。ケアプロスト単品で販売されているものに関しては専用アプリケーターが付いてきませんので、ご注意ください。

すっとひと塗りするだけを繰り返すだけなので、ケアプロスト自体の物持ちも非常にいいです。小さいサイズのみの販売ではありますが、あの大きさでも約一ヶ月は余裕で使えてしまいます。

使い方のコツ

ケアプロストの使い方はとても簡単です。一日一回、目元に塗るだけ。

とくに医療用点眼薬だったルミガンと違って、ケアプロストはまつげ育毛剤美容液としての使用方法が推奨されているものであるため、まつげ周辺へ塗り込むための専用アプリケーターの開発もされています。

まつげ育毛剤美容液として使用するのであれば、専用アプリケーター付きのケアプロストを購入することをおすすめします。ケアプロスト単品で販売されているものに関しては専用アプリケーターが付いてきませんので、ご注意ください。

すっとひと塗りするだけを繰り返すだけなので、ケアプロスト自体の物持ちも非常にいいです。小さいサイズのみの販売ではありますが、あの大きさでも約一ヶ月は余裕で使えてしまいます。

使うタイミング

ケアプロストは簡単に使用できるものですが、毎日継続しておこなうことが必要になります。ルーティン化して普段の生活に馴染ませることで塗り忘れなく、手間を感じることもなく続けて使用できるはずです。

使用する際は目元を清潔な状態にしなければならないことを踏まえると、もっとも適した使用タイミングは「寝る前」のスキンケアと同時におこなうことでしょう。

スキンケアと同時におこなう場合は、スキンケアをすべて済ませてからケアプロストを一番最後に塗布するようにしてください。

目元はとても繊細なので、塗布の際にあまり強い力を入れないように注意!

ケアプロストの薬液自体が目に入ってしまった場合は念のために目を洗うようにしましょう。

下まつげについて

まつげと言っても、上下に分かれています。マスカラでも下まつげ専用の塗りやすいタイプのものが販売されていたりします。下まつげを伸ばしたい……という方も非常に多いのではないかと思います。

しかし、ケアプロストは「下まつげへの使用は禁止」です!

なぜなら、ケアプロストの副作用として色素沈着が起こってしまう可能性があるからです。

上まつげの使用は目元のキワだけですから黒ずんだとしても問題ありません。一方で下まつげに塗布するとまぶたに薬液が付着してしまう可能性が高いため、もしそこで色素沈着を起こしてしまうと非常に目立ちます。

下まつげへ使わないでください、というのは、ケアプロストを販売している公式サイトなどでも表記されています。ケアプロストの使用は上まつげのみにしましょう。

ケアプロストの注意点

ケアプロストを使用する上でかならず注意していただきたいことは、なによりも用法用量を守るということです。

大量の薬液を塗布したからといって、その分まつげが成長するわけではありません。逆に、大量に塗ったことで色素沈着部分が増えて目立ってしまったり、目の中に入ると充血してしまう可能性もあります。

もとは点眼薬ではありますが、眼圧を下げるための成分が含まれているため健康な人が体内に取り込むとどんな影響があるか予測できません。

適量を、毎日繰り返して使用し続けることこそが、ケアプロストの正しい効果を得るための秘訣です。

そして目元は大変デリケートな部分であるため、塗布する際は目元や塗布するアプリケーター、手元を清潔に保ってください。

アプリケーターやその他自分の使いやすい塗布用ブラシを使う場合は、かならず使い捨てるか使う度によく洗浄するようにしましょう。

icon