title

ケアプロストの副作用

ケアプロストの副作用

ケアプロストが如何にまつげ育毛剤として有効なのかをご紹介してきましたが、強い作用があるものには副作用の存在もあります。

使用を続けることで副作用が出る人もいれば、いくら続けてもまったく感じないという人もいます。個人差ではありますが、デリケートな目元にもしかしたら副作用が出てしまうリスクというのは覚えておきましょう。

ケアプロストの副作用としてもっとも多いものは、「色素沈着」です。

下まつげへの塗布を公式で禁止しているのも、色素沈着が下まぶたに起こると特に目立ってしまうということが理由です。

塗布の際に目の中に入ってしまった場合には、「充血」が起こることもあります。もとは医療用点眼薬であるために目の中に入ることを想定して作られていますが、目の中の水分を少なくして眼圧を下げる効果があるため健康な目に使用した場合には悪影響を及ぼす危険性があります。

そのほかにも報告されているものは、「まぶたのくぼみ」や黒目が濃くなる「虹彩色素沈着」などです。

しかし、これらの副作用が出てしまったとしても、ケアプロストの使用を中断することで症状はなくなります。副作用が出てしまい、気になるという場合には、ケアプロストの使用を中断するか眼科または皮膚科での診察を受けましょう。

目の充血

ケアプロストが目の中に入ってしまうと、充血またはかゆみが出る場合があります。

もともと医療用点眼薬として開発されたものですが、健康な人が使用すると強い作用ゆえにこういった症状が出てしまいます。

充血が起きた場合には、充血を取るための点眼薬などを使用してください。

かゆみが出ても目を無理やり掻くのは絶対にやめましょう。

ただ、目の中に入らなければほとんどこれらの副作用は起こりえません。

使い慣れていない使用しはじめの方がなりやすい副作用です。

目の中に入ってしまった場合は、水を使って一度洗い流しましょう。

ケアプロストの使用を止めなくとも、使い続けることで充血やかゆみが引いたという報告もあります。我慢できる程度であれば気にしなくてもいいでしょう。

眼瞼溝深化

ケアプロストを使用することで、稀にまぶたがくぼむことがあります。

これを眼瞼溝深化といい、眼精疲労のような痛みがともなう場合もあるようです。

目の周りのくすみやクマが濃くなってきたり、二重の幅がいつも以上に広くなった、あるいはなかった二重ができた、などの症状を感じたら、まぶた全体がくぼんでしまっている可能性があります。

ケアプロストの副作用の中では特に重い症状のまぶたのくぼみ。

一番の原因はケアプロストが目の中に入ってしまっていることです。

痛みがともなう場合はケアプロストの使用をやめても、しばらく痛み続けてしまうこともあるのだとか。たっぷり塗りすぎると育毛効果が上がるどころか、このような重い副作用に見舞われてしまう可能性が上がります。気を付けましょう。

虹彩色素沈着

ケアプロストの副作用として、もっとも気付きにくいものかも知れません。

それが虹彩色素沈着。つまり眼球にある黒目の部分の色が濃くなってしまうことです。

これはまぶたや皮膚が色素沈着を起こすのと同じで、有効成分のビマトプロストのメラニン色素活性化によって引き起こされたものだと考えられます。

ただし、虹彩色素沈着はただまつげの育毛目的でケアプロストを使用している方には起こりにくい副作用だと言われています。

眼球の副作用であるため、虹彩色素沈着が起きるのは目の中にたっぷりとケアプロストが入ってしまっているのが原因となります。

ケアプロストの効果を正しく引き出すこと、そして副作用をなるべく引き起こさないように使用するには、やはり適量だけを一日も欠かさず続けることが大切です。

ケアプロストはまつげ育毛に絶大な効果を発揮してくれる分、有効成分の作用はとても強いです。もし虹彩色素沈着が起きた場合には、皮膚の色素沈着と違ってケアプロストの使用を中断しても元の状態には戻りません。

icon